朝鮮音楽の研究

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の音楽・軍歌・歌謡を翻訳。現在300曲収録を目指しています。開設:チュチェ104(2015)年4月23日 ※2016/8/22 コメント欄開放 姉妹サイト:http://www.geocities.jp/totalwar1939/

臨津江(림진강)


 

1957年創作 パク・セヨン作詞、コ・ジョンファン作曲

 

臨津江 清らな水は 流れ流れて
鳥たちは自由に行きかうけれど
我が故郷 南の地には 行きたくても行けないから
臨津江の流れは 恨みをのせて 流れるのか

 

川向こうの アシの原では 鳥たちが悲しげに啼き
痩せた野原では 草の根を掘るばかりだが
共同農場の稲穂の海が 波の上におどるから
臨津江の その流れを分かつことはできない

 

我が故郷 南の地には 行きたくても行けないから
臨津江の流れは 恨みをのせて 流れるのか

 


림진강 맑은물은 흘러흘러 내리고
뭇새들 자유로이 넘나들며 날건만
내 고향 남쪽땅 가고파도 못가니
림진강 흐름아 원한싣고 흐르느냐

 

강건너 갈밭에선 갈새만 슬피울고
메마른 들판에선 풀뿌리를 캐건만
협동벌 이삭바다 물결우에 춤추니
림진강 흐름을 가르지는 못하리라

 

내 고향 남쪽땅 가고파도 못가니
림진강 흐름아 원한싣고 흐르느냐

 

解説。この歌はもともと、れっきとした朝鮮民主主義人民共和国の歌謡である。

だが現在は「イムジン河」という日本語名でも知られている通り、北・南を問わない朝鮮半島の悲劇をうたった普遍的な歌謡として日本でも認知されている(北表記だと「リムジン河」という日本語名が正しい。

しかし日本においては当初、民謡と誤解されて広められ、これに朝鮮総連が抗議する事態も発生した。未だ共産圏の文化への理解が乏しかった当時、旧ソ連の軍歌だった『カチューシャ』が民謡として日本に紹介されたケースもある。作詞者パク・セヨンは、国歌『愛国歌』や『輝く祖国』といった重要な曲の作詞を務めている。