朝鮮音楽の研究

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の音楽・軍歌・歌謡を翻訳。現在100曲収録を目指しています。開設:チュチェ104(2015)年4月23日 ※2016/8/22 コメント欄開放 姉妹サイト:http://www.geocities.jp/totalwar1939/

⍟모란봉악단 애호회 일본지부⍟ (@arthuryabe_mrb)様へ

ツイッター経由のアクセスが若干ございましたので、少し調べてみました。

すると、「⍟모란봉악단 애호회 일본지부⍟ (@arthuryabe_mrb)」という方が、

当サイトについて様々に論評してくださっていることを確認いたしました。

これまでもずっと当サイトをご覧になってくださっていたようで、感謝する次第です。

まず、当サイトについては私が所有している資料(歌集、Samilpo2.0や各種専門書など)と他のさまざまな資料を用い、日本ではポピュラーとはいえない朝鮮音楽の全容の解明に若干でも寄与できればという考えから運営しています。

その過程で事実誤認を犯してしまうことがあるのは確かです。 

たとえば2000年代前半から後半にかけての『セノレ(新しい歌)』誌を確認する限りでは普天堡が創作した歌謡が掲載されていない等々のことから、普天堡電子楽団の活動は極めて低調に陥ったというふうに解釈していました。

ところが@arthuryabe_mrb 様が指摘してくださっているように、他の資料を参照すると、同時期の普天堡電子楽団が活動を継続していたというのが事実のようです。

また2015年時点における功勲国家合唱団の団長の名前を取り違えてしまったという点も、私のミスであります。

そのような錯誤を指摘していただけるのはとてもありがたいのですが、@arthuryabe_mrb 様の他のツイートを拝見させていただくに、失礼ながらあまりに挑発的・攻撃的・高圧的な文面が多く(それは私のサイトに対する論評だけではなく、他の方にたいするものについても同様のようです)、とても他者にたいしてなにかを伝えるにふさわしい文章とは思えない例が散見されます。

ネット上だからといって高慢であっていいというわけではありません。

そういう点を考慮するに、今一度ご自分の他者に何かを述べる際の姿勢を精査していただき、社会人としての品位を失わない程度の他者への接し方を身に付けていただければと思います。しかるのちに当サイトへの論評を行っていただけるとよろしいでしょう。

またできることでしたら、当サイトの錯誤についてはぜひコメント欄のほうで対応していただければ、当方としても貴重なご意見を直に参照させていただけることになるのでうれしいです。

以上、他にも様々な思いはございますが、取り急ぎこのような文書で答えさせていただきたいと思います。

返信していただけるさいは、文書の一部をスクリーンショットをとって貼り付けるなど、断片のみをとらえて文脈を分断するような形ではなく、ひとつひとつの事柄について誠実にお答えいただければ幸いです。

 ※追加 ごく素朴な疑問なのですが、そこまでお嫌いになっている当ブログを逐一、おそらく他の誰よりも徹底的に精読してくださっているのは本当に不思議です。

私のあずかり知らぬツイッターにおいて陰口を叩くという方式も、ある種ストーカーのような怖さを感じています。

改めて、当サイトへのご批判はコメント欄で直接お話しください、と申し上げておきます。

本当に当ブログを嫌悪している、または価値がないとみなしておられるなら、単に無視すれば良いだけではないのですか。

最新ツイートを拝見させていただきました。

当方について「冷静さが足りない」と評してくださいました。

しかしながら、ぶしつけながら本当に冷静さを欠いているのは尊君ではないでしょうか。

上記の、すなわち本当に嫌悪するならば無視するのが最善であるという事実を鑑みれば、当サイトを粘着質に批評する尊君の姿勢はおよそ冷静とは思えません。

 

当方としましては、尊君に対し最大の礼をもって返信させていただきました。

もし今後、当ブログに対して正当な論評を行ってくださる意思がおありなら、

尊君はこの文章を揶揄することなく、誠実な回答をなさることを求めたいと思います。

※追加

誠実にお答えいただけない場合、恐れ入りますが当サイトはもうご覧にならないほうが、尊君にとってもよろしいかと存じます。

アンフェアな形で批評をされても当方としては困惑するばかりですし、逐一、嫌いなサイトの陰口を言い続けるという状態も尊君の精神衛生上よろしくないでしょうから。