読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝鮮音楽の研究

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の音楽・軍歌・歌謡を翻訳。現在100曲収録を目指しています。開設:チュチェ104(2015)年4月23日 ※2016/8/22 コメント欄開放 姉妹サイト:http://www.geocities.jp/totalwar1939/

自民党戦国史

自民党戦国史 自由民主党 自民党

朝鮮音楽や社会主義共産主義の話題でなくて申し訳ない。

今からある本の表紙を見ていただきたいと思う。

こちら。

f:id:song-of-dprk:20170115193639j:plain

池田勇人内閣のブレーン、ご存知(?)伊藤晶哉氏『自民党戦国史』の表紙だ。

なんと暑苦しい表紙だろう。福田赳夫三木武夫田中角栄、そして大平正芳

自由民主党全盛期のオールスター大集合。

「いま、はじめて明らかにされた新聞記事の陰の部分」「狂気にとりつかれた政治家たちの内幕!」「日本の政治を灰色にしたのは はたして誰か?」など、編集者が勝手に先走って書いてしまったとしか思えない字面も実にいい感じだ。

私も久しい間読んでいないので忘れてしまったのだが、池田勇人邸が信濃町に存在したということが書いてあったのは、確かこの本ではなかったか。

そうすると信濃町にはダブル池田が居住していたことになる。

実際、池田勇人と「あの」池田先生とは親交もあったようである。

そういやもう片方の池田先生、最近ちっとも「グラフSGI」に登場しないのでさみしい。

この本には続編がある。その名も『新・自民党戦国史』。

f:id:song-of-dprk:20170115195112j:plain

こちらも中曽根ら暑苦しい面々だが、密度が低下した分いくらかマシになっただろうか。

このノリで『日本社会党敗北史』とでも題した書籍を書いたら・・・売れないでしょうね。書名を変えたら無産大衆が購入するだろうか。しないか。

自民党日本共産党がありがたいのは、党本部に売店が設置されていること。

私も売店で毎年、自民党手帳を購入している。これには党歌『われら』の歌詞とかが掲載されていてとてもおもしろい。ただ赤旗手帳は全然だめだね。せめてインターナショナルの歌詞くらい掲載しとけよ、アホ。

 

万国のプロレタリア団結せよ!