朝鮮音楽の研究

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の音楽・軍歌・歌謡を翻訳。現在300曲収録を目指しています。開設:チュチェ104(2015)年4月23日 ※2016/8/22 コメント欄開放 姉妹サイト:http://www.geocities.jp/totalwar1939/

カッコウ(뻐꾸기)

 

作詞:ユン・ドゥグン 作曲:リ・ジョンオ 1992年創作

 

 

まばゆく明るい月の夜に カッコウが「カッコウ
機械化作業班のあの人が 私を訪ねて「カッコウ
田起こしを終えた その自慢を伝えに来た
明日の晩会おうというけれど どうしたものか 
カッコウ カッコウ カッカッコウ

 

呼んでも返事がないので 焦がれて「カッコウ
見ないふりして出てこないから 悩んで「カッコウ
窓の外を見た私の妹 にっこり笑って
口笛チョンガーがきょうは カッコウになったと
カッコウ カッコウ カッカッコウ

 

庭に出ると 喜びにあふれて「カッコウ
格子戸を出ると走ってきて 手を握り「カッコウ
農場の道を歩きながら 交わす私たちの愛
あの空の丸い月も 笑って祝福するよ
カッコウ カッコウ カッカッコウ

 

 

휘영청 달 밝은 이 밤에 뻐꾸기 뻐꾹
기계화 작업반 그 동무 날 찾아 뻐꾹
봄갈이 끝마친 그 자랑 전하러 왔나
래일밤 만나자 했는데 어쩌면 좋아
뻐꾹뻐꾹 뻑뻐꾹

 

불러도 대답이 없으니 애가 타 뻐꾹
못본 척 나오지 않으니 속상해 뻐꾹
창 밖을 내다본 내 동생 빙긋 웃으며
휘파람총각이 오늘은 뻐꾸기 됐네
뻐꾹뻐꾹 뻑뻐꾹

 

뜨락에 나오니 기쁨에 넘치여 뻐꾹
사립문 나서니 달려와 손 잡고 뻐꾹
농장길 걸으며 나누는 우리의 사랑
저 하늘 둥근 달 웃으며 축복해주네
뻐꾹뻐꾹 뻑뻐꾹

 

f:id:song-of-dprk:20161210062907j:plain

↑芸術公演「追憶の歌」でみずから『カッコウ』を演奏するリ・ジョンオ先生

 

本日は総書記が逝去してちょうど5年。なので普天堡黄金期の名曲『カッコウ』。

2015年度の芸術公演「追憶の歌」にて、作曲者みずからフルートを手に取り演奏したこの曲は、朝鮮でも珍しい恋愛を題材にした曲のひとつ。

同じくリ・ジョンオの『口笛』も恋愛詩だが、私は『カッコウ』のほうが好きだ。

「追憶の歌」で披露したこの歌がリ・ジョンオにとって最後の表舞台となったために、私はチョン・ヘヨンが歌うこの曲を聴くたび、長きにわたり朝鮮音楽界をリードし続けた音楽家リ・ジョンオ先生への想いを募らせているのである。

5年前、普天堡電子楽団を生み育てた金正日が死去し、また先日は総書記が格別の配慮を与えた普天堡の誇る人民芸術家リ・ジョンオが死去した。 いよいよ金正日時代が歴史となりつつある。

普天堡黄金期の栄光を風化させないためにも、『カッコウ』はぜひ牡丹峰楽団に引き継いでもらいたい名曲だ。