読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝鮮音楽の研究

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の音楽・軍歌・歌謡を翻訳。現在100曲収録を目指しています。開設:チュチェ104(2015)年4月23日 ※2016/8/22 コメント欄開放 姉妹サイト:http://www.geocities.jp/totalwar1939/

【朝鮮労働党第七回党大会】金正恩同志、党委員長に推戴

金正恩同志 祝賀 党大会 党委員長推戴

f:id:song-of-dprk:20160512181036j:plain

わが軍民にとって最も意義深い朝鮮労働党第7回党大会が開かれるなか、

敬愛する金正恩元帥様が、新たに設けられた役職「党委員長」に推戴された。

とりあえずは祝賀しておきたい。

そこで、ワンジェサン芸術団第97集より、歌『人民が愛する我らの領導者』を引っ張ってきた。たぶん世界一高音質な音源なので、ごゆるりとお楽しみください。

 

 

人民が愛する我らの領導者  ワンジェサン軽音楽団第97集より

http://www.4shared.com/mp3/_hLNMb-4ba/_online.html?

 

 

すでに「第一書記」として党の首位に立っていらっしゃる元帥様にとって、この役職がどのような意味を持つのかは今のところ未知数である。

ところで、さっきテレ朝の報道番組を見ていたら「党委員長就任は金日成以来」とか言ってた。

だが考えてみれば、「党中央委員会委員長」という職は確かに存在したが、唯一思想体系確立時期の66年以降は、朝鮮労働党中央委員会首班は「総書記」であり続けた。

また「党中央委員会委員長」と「党委員長」の職を同一視するには、ひとつ問題がある。

それは金日成時代の「党中央委員会総書記」と、金正日時代の「党総書記」とは、微妙に違う役職だったという前例と照合すると、今回の「党委員長」と「中央委員会委員長」は違う職責である可能性が高いということだ。

以上のような理由から、「党中央委員会就任は金日成以来」という言説は否定される。

日帝の報道って意外とテキトーなんですね。