読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝鮮音楽の研究

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の音楽・軍歌・歌謡を翻訳。現在100曲収録を目指しています。開設:チュチェ104(2015)年4月23日 ※2016/8/22 コメント欄開放 姉妹サイト:http://www.geocities.jp/totalwar1939/

uriminzokkiriのコメント欄の謎

ときどき不思議に思うことがある。

それはuriminzokkiri TVのコメント欄は、誰が書き込んでいるのだろう、ということだ。たとえばさいきん、こんなコメントがあった。以下抜粋。

「여기 동북에 올해의 첫눈이 내렸습니다.
이 밤 포근히 내리는 첫눈속에
노래 그 품을 못잊어를 감상하면서 못견디게 그리워지는 위대한 장군님 생각에 눈물이 흐릅니다.
장군님! 장군님!!!~~~」

日本語訳すると、こんな感じ。

「ここ東北で、今年の初雪が降りました。夜、しとしと降る初雪のなかで

歌『そのふところを離れては生きられない』を聞きながら、堪えきれないほど恋しい偉大な将軍様を思うと涙が流れます。

将軍様将軍様!!!」

このコメントの主は「東北」に居住する人らしい。日本の東北地方を指すのか、はたまた中国東北部を指すのか....。状況から判断して前者だろう。

朝鮮族の多い中国東北部はともかくとして、日本の東北地方に居住している人に共和国の『そのふところを離れては生きられない』という歌曲を知っている人が何人いるのか、また仮に知っていたとして、それを聴いたうえで共和国公式のホームページに、朝鮮語で、敬愛するあの方をなつかしむコメントを残す人はいったい何者なのか...。謎である。

ところで、藤本健二金正日の料理人』には、藤本が普天堡電子楽団が日本公演をするさい歌手たちに発音指導をし、その助言を金正日総書記が採用した旨が載っている。その記述のなかでリ・ブンヒと「李カンスク」なる人物が出てくる。普天堡が日本公演を行った1991年当時、リ・ブンヒという歌手は確かに普天堡に所属し活動していたので分かるが、問題は「李カンスク」である。これは誰だろう?

おそらくキム・グァンスクかリ・ギョンスクのことであろうが、私がCDなどで聴いた、彼女たちが歌った日本の曲の発音は多少朝鮮語っぽいところはあるが、それほど悪い発音だとは思えなかった。ともかく両名のうち、どちらかは藤本の耳には下手な発音に聞こえたのであろうし、金正日総書記はキム・グァンスクかリ・ギョンスクに歌わせる予定だった曲をリ・ブンヒに歌わせたのであった。