読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝鮮音楽の研究

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の音楽・軍歌・歌謡を翻訳。現在100曲収録を目指しています。開設:チュチェ104(2015)年4月23日 ※2016/8/22 コメント欄開放 姉妹サイト:http://www.geocities.jp/totalwar1939/

愛国歌(애국가)

朝鮮民主主義人民共和国国歌。

 

愛国歌 歌詞

 

 

朝は輝け この山河
金銀に資源も満ち溢れ
三千里の美しき我が祖国
半万年の古き歴史に
絢爛たる文化のなかで育った
英知に満ちた 人民の栄光
身も心もすべて この朝鮮に
とわに捧げん

 

白頭山の気概 あまさず抱き
勤労の精神 込められた
真理に団結した堅き意思
全世界に先駆けん
湧き立つ力 怒涛も押しのけ
人民の意志でつくる国
はてなく栄える この朝鮮
とわに輝かさん


아침은 빛나라 이 강산
은금에 자원도 가득한
삼천리 아름다운 내 조국
반만년 오랜 력사에
찬란한 문화로 자라난
슬기론 인민의 이 영광
몸과 맘 다 바쳐 이 조선
길이 받드세


백두산 기상을 다 안고
근로의 정신은 깃들어
진리로 뭉쳐 진 억센 뜻
온 세계 앞서 나가리
솟는 힘 노도도 내밀어
인민의 뜻으로 선 나라
한없이 부강하는 이 조선
길이 빛내세

 

 

解説。朝鮮民主主義人民共和国社会主義憲法第一節第171条にて制定されている、朝鮮民主主義人民共和国北朝鮮)の国歌。別名として『朝は輝け』があるが、私の知る限り、共和国当局が『朝は輝け』という名称を使った公式記事などはない。おそらく日本の朝鮮音楽愛好家たちの口伝で広まったものと思われる。

1945年の朝鮮解放後、朝鮮半島北部はソ連軍政下に、南部は米軍政下に置かれ、それぞれの地域において急速に分断化が進んでいった。そうした過程において1946年には金日成が「愛国歌と人民軍行進曲を創作することについて」と題した談話を発表し、次いで1947年、のちに朝鮮民主主義人民共和国政府へと移行する北朝鮮人民委員会は建国に先駆けて国歌の創作を作曲家たちに命じた。そこで白羽の矢が立てられたのが作曲家リ・ミョンサンと、同じく作曲家であるキム・ウォンギュンである。

二人は北朝鮮人民委員会委員長である金日成の求めに応じて曲を創作した。キム・ウォンギュンの創作したものは『愛国歌』とリ・ミョンサンが創作したものは『輝く祖国』と名付けられ、ふたつとも作詞家パク・セヨンが歌詞をつけた。

金日成はこのふたつの歌を選考し、キム・ウォンギュンの『愛国歌』を国歌とし、一方の『輝く祖国』をそれに準ずるものとした。

歌詞中に社会主義共産主義思想や指導者を称揚する表現がほとんど登場しないということは、よく指摘されている。これは歌詞中に指導者を称揚する表現のあるスターリン時代のソ連国歌やチョイバルサン時代のモンゴル国歌とは対照的である。もっとも、北朝鮮のようにソ連軍政下から独立したドイツ民主共和国(東ドイツ)の国歌も同様に社会主義思想を打ち出した内容ではなく、ドイツの統一を主題に据えた内容となっており、『愛国歌』の歌詞だけが特異なわけではない。むしろ東ドイツと同じ分断国家の国歌でありながら統一にかんする文言が登場しないほうが不思議といえるかもしれない。当初、金日成は『愛国歌』を1947年中に発表することは朝鮮半島の分断化を推進するとして時期尚早と判断し、発表を1948年にずらすことを命じたといわれており、歌詞の編纂にはそうした背景があるのかもしれない。

現在『愛国歌』が実際に国歌として歌唱される機会はあまり多くはないといわれる。というのも、金日成が国内において権威と権力を増大させていくにつれて、『金日成将軍の歌』が国歌を上回る頻度で演奏されるようになったからである。また後には『金正日将軍の歌』も同様に「不滅の革命頌歌」として国歌を上回るほどの地位を得ているため、なおさら歌唱される機会は減ってきた。しかし現在でも朝鮮中央テレビや朝鮮の声の放送開始の際には必ず『愛国歌』の演奏が入る。また金正恩時代に入り、芸術公演で『愛国歌』が演奏される機会が増加している傾向にあることは留意しておくべきだろう。

最近の『愛国歌』をめぐる情勢で特筆すべきなのは、牡丹峰楽団が『愛国歌』を演奏したことであろうか。普天堡電子楽団やワンジェサン軽音楽団といった、それまでの電子楽団が国歌のような儀礼曲を演奏することは決してなかったが、牡丹峰楽団はその先例を破り、芸術公演で盛んに国歌を演奏するようになったのである。電子音楽を好んだ金正日総書記でさえ普天堡やワンジェサンには国歌を演奏させることはなかったのに、金正恩第一書記はそうした先例を破って牡丹峰に国歌を演奏することを許したのだとすると、これは朝鮮音楽史に残る重要な変革だといわねばならない。金正日総書記の時代においても普天堡電子楽団は、功勲合唱団や万寿台芸術団をはじめとした合唱楽団、国立交響楽団といった管弦楽団と同等かそれ以上の評価を得ていたが、金正恩第一書記はそれに輪をかけて電子楽団の地位を引き上げてやったということなのかもしれない。

余談だが、韓国や日本のメディアが提供する北朝鮮の音楽事情については、不正確な情報が飛び交っているといわなければならない。たとえば、普天堡電子楽団の歌手であり現在牡丹峰楽団の団長を務める玄松月(ヒョン・ソンウォル)が銃殺刑に処されたなどの報道はその最たるものである。音楽のプロ集団として芸術的・思想的に徹底した訓練をなされてきた普天堡や牡丹峰の芸術家を処刑すること自体考えられないことであり、全くのデマであるといわなければならない。また参照すべき記事を失念したものの、金正日総書記が軍歌を重要視しなかったなどといった実態に即していない報道がなされたこともあり、報道機関の朝鮮音楽事情に対する無知をさらけ出す機会が多い。かつてのソ連・東欧諸国にかんする報道がそうだったように、北朝鮮にかんする報道はこうしたガセネタが紛れ込んでいることがあるので、ぜひ気を付けてください。

 

 

参考:自主民報 2010/02/28 [03:09]「愛国歌たちの過去、現在、未来」