読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝鮮音楽の研究

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の音楽・軍歌・歌謡を翻訳。現在100曲収録を目指しています。開設:チュチェ104(2015)年4月23日 ※2016/8/22 コメント欄開放 姉妹サイト:http://www.geocities.jp/totalwar1939/

党中央の明かり(당중앙의 불빛)

金正日

『党中央の明かり』(1980年創作、リ・ドクチョ作詞、オム・ハジン作曲)。

深夜でも人民のために思索を巡らす金正日総書記の執務室から漏れる明かりについて歌っている。まだ金正日総書記が「党中央」という符丁で呼ばれていたころの歌で、金正日総書記に関連する楽曲のなかでも古い部類の曲に入る。

 

 

天の川流れる 首都の夜
人々はみな 眠りに落ちても
党中央の窓辺に流れる明かり
すぐれた英知で 明るく輝く
ああ 輝く

 

かわいい赤子の ゆりかご守り
眠れぬ母の 心なのか
ありがたきその愛の 明かりのもとで
人民の幸福が花咲く
ああ 花咲く

 

祖国の未来を広げてゆく
党中央の窓辺の まぶしい明かり
輝く導きの その光で
創造の新時代が 明るく出でる
ああ 明るく出でる

 


은하수 흐르는 수도의 이 밤
사람들은 모두다 잠들었어도
당중앙 창가에 흐르는 불빛
슬기론 예지로 밝게 빛나네
아- 빛나네

 

귀여운 아기의 요람을 지켜
잠 못드는 어머니 마음이런가
은혜로운 사랑의 그 불빛아래
인민의 행복이 꽃 피여 나네
아- 꽃 펴나네

 

조국의 미래를 펼치여 가는
당중앙창가의 눈 부신 불빛
찬란한 향도의 그 빛발속에
창조의 새날이 밝아 오네
아- 밝아 오네