読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝鮮音楽の研究

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の音楽・軍歌・歌謡を翻訳。現在100曲収録を目指しています。開設:チュチェ104(2015)年4月23日 ※2016/8/22 コメント欄開放 姉妹サイト:http://www.geocities.jp/totalwar1939/

青山里に豊年が来た(청산벌에 풍년이 왔네)

1960年創作 管弦楽 解説付き

 

ああ 豊年が来た 豊年が来た
平安道の西の地 青山里に豊年が来た 豊年が来た
ああ 豊年が来た 豊年が来た
平安道の西の地 青山里に豊年が来た 豊年が来た
ああ金の波 琴の音色 踊ろう
ああ 鶴も飛び舞う
アヘイ はやく 刈り取れ はやく 刈り取れ
豊作の主人よ 刈り取れ はやく
労働の実りだ 稲刈りだ
稲から一粒もこぼすじゃない
アヘイ われらの幸福を刈り取ろう


この米を どこに積む(どこに積む)
新たに建てた米蔵に 山と積む(山と積む)
米蔵に積んで 残った米は別の蔵 米蔵に積んで 残った米は別の蔵
つましくついた米は汽車に積む つましくついた米は汽車に積む
汽車に積んでどこに送るの 汽車に積んでどこに送るの
首領様がいらっしゃる平壌に送るの 平壌に送るの
農業機械を送ってくれた工場に 農業機械を送ってくれた工場に
腹を空かせた南の兄弟に 腹を空かせた南の兄弟に
ああ 豊年が来たな 青山里に豊年が来たな
腹を空かした南の兄弟に


豊年が来た 豊年が来た
この豊年を誰が与えたのか
この幸福を誰が与えたのか
我が党のおかげさ
首領様のおかげさ
豊年だ 豊年だ 豊年だ
万の豊年が来たな

 

 

아 풍년이 왔네 풍년이 왔네
평안도 강서땅 청산리벌에 풍년이 왔네 풍년이 왔네
아 풍년이 왔네 벼풍년 왔네
평안도 강서땅 청산리벌에 풍년이 왔네 풍년이 왔네
아 금물결 금실춤 추어라
아 두루미 쌍쌍이 날아든다
에 베여라 어서베여 베여라 어서베여
풍년의 주인들 어서들 베여라
로동의 열매다 어서들 베여라
한이삭 한알도 흘리지 말아라
아 헤 우리의 행복을 거둬들이세


이 곡시 거두어 어데다 쌓을고(어데다 쌓을고)
새로 지은 고간에 가득히 쌓지(가득히 쌓지)
고간에 쌓고 남아 헛간에 쌓지 고간에 쌓고 남아 헛간에 쌓지
알뜰히 찧어서 기차에 싣지 알뜰히 찧어서 기차에 싣지
기차에 실어서 어데로 보낼고 어데로 보낼고
수령님 계시는 평양성 보내지 평양성 보내지
농기계 보내준 공장에 보내지
배고픈 남녁땅에 보내고지고
아 농기계 보내준 공장에 농기계 보내준 공장에
배고픈 남녁땅에 보내고지고

 

풍년이 왔네 풍년이 왔네
이 풍년을 그누가 주었냐
이 행복을 그누가 주었냐
우리당이 가더다 주었지
수령님의 은덕 일세
풍년이 왔네 풍년이 왔네
만풍년이 왔네

 

1960年につくられた音楽劇「青山里の人々」で、作曲家・金玉成が創作した合唱場面を、民謡「豊年歌」を題材にキム・ヨンギュが編曲したもの。民謡を再形象しただけあって、もとは朝鮮の民族楽器を多用した曲だが、現在では西洋楽器を用いた管弦楽としても盛んに演奏され、国立交響楽団の主要な演目となっており、普天堡電子楽団が再形象したことで有名な『首領様のおかげさ(主席のおかげさ)』にも引用されている。

 

・参考文献

朝鮮名歌103曲集(幸洋出版)