朝鮮音楽の研究

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の音楽・軍歌・歌謡を翻訳。現在300曲収録を目指しています。開設:チュチェ104(2015)年4月23日 ※2016/8/22 コメント欄開放 姉妹サイト:http://www.geocities.jp/totalwar1939/

金正日将軍の歌(김정일장군의노래)

 

金正日n

 

金正日将軍の歌 歌詞

 

白頭山の峰降り 錦繍江山 三千里
将軍様を高く仰ぎ 歓呼の声は響き渡る
太陽の偉業を輝かす 人民の領導者
万歳 万歳 金正日将軍

 

大地の千万の花々は その愛を伝え
東西の青き海は その功績を歌う
チュチェの楽園を築かれた 幸福の創造者
万歳 万歳 金正日将軍

 

鋼鉄の胆力で 社会主義を守護し
わが国 我が祖国を 世に轟かす
自主の旗かかげ 正義の守護者
万歳 万歳 金正日将軍

 

 

朝鮮民主主義人民共和国公式訳)

ペクトゥにつらなる 麗しい祖国
将軍仰いで 歓呼にどよめく
太陽の偉業継ぐ 人民の指導者
マンセー マンセー 金正日将軍


大地の花々 その愛伝え
青き海原 その功うたう
チュチェの園きずく 幸せの創造者
マンセー マンセー 金正日将軍


鉄の意思で 社会主義まもり
我らが祖国を 世に轟かす
自主の旗たかく 正義の守護者
マンセー マンセー 金正日将軍

 

백두산줄기 내려 금수강산 삼천리
장군님 높이 모신 환호성 울려 가네
태양의 위업 빛내신 인민의 령도자
만세 만세 김정일장군

 

대지의 천만 꽃도 그 사랑을 전하고
동서해 푸른 물도 그 업적 노래하네
주체의 락원 가꾸신 행복의 창조자
만세 만세 김정일장군

 

강철의 담력으로 사회주의 지키여
내 나라 내 조국을 세상에 떨치시네
자주의 기치 높이 든 정의의 수호자
만세 만세 김정일장군

 

 

 

 

金正日将軍の歌 英語版歌詞

 

白頭山越え来たる 我らの美しき大地をつくるため
歓呼はすべての大地に響き渡り 我らの親しき将軍をお迎えするのだ
その方は太陽の事業をさらに進められる 人民の領導者 
万歳 万歳 金正日将軍!

大地のすべての花々は 広く温かいその方の愛を語り
東西の青き海は その方の偉業を歌いあげるのだ
その方は偉大な喜びを生み出される チュチェの園を輝かされる方
万歳 万歳 金正日将軍!

鉄の意志と勇気もて社会主義を守り
あまねく世界に国の尊厳を知らしめられるのだ

その方は自主を守っておられる 正義の闘士
万歳 万歳 金正日将軍!


Mt. Baekdu reaches across To shape our beautiful land.
Cheers resound all over the land, Hailing our dear General.
He's the leader of the people, Carrying forward the Sun's cause.
Long live, long live, General KIM JONG-IL!

All blossoms on this earth Tell of his love, broad and warm.
Blue East and West Seas sing His exploits in their song.
He's the artist of great joy, Glorifying the garden of Juche.
Long live, long live, General KIM JONG-IL!

The Socialist cause he defends With iron will and courage.
He raises national honour Far and wide throughout the world.
He is the champion of justice, Standing for independence.
Long live, long live, General KIM JONG-IL!

 

 

金日成将軍の歌』とならんで「チュチェ音楽」の頂点を占めている「永生不滅の革命頌歌」、『金正日将軍の歌』の解説。

金正日同志の頌歌の歴史は、1971年創作の『代を継ぎ忠誠を尽くします』にまでさかのぼることができる。その後も金日成主席の後継者としての地位を盤石なものとしていくにつれて1976年の『親愛なる金正日同志の歌』、1980年の『党中央の明り』と続き、金正日書記(当時)を賛美する歌謡は「首領形象音楽」の系譜において主流的なものとなっていき、多くの歌謡が創作された。

だが金日成主席死後、後継者として名実ともに朝鮮民主主義人民共和国の首班となった金正日書記にとって、父の『金日成将軍の歌』と並び立つことのできる自らを代表する歌は未だ存在しなかった。

そこで創作されたのが1997年2月15日に初演されたシン・ウンホ作詞、ソル・ミョンスン作曲の『金正日将軍の歌』である。

ソル・ミョンスンは1935年生まれの作曲家で、2012年に亡くなった。1959年、24歳の時に『窯馬車走る』という歌謡を創作したことで金日成同志の目に留まり、以後は朝鮮人民軍協奏団専属の作曲家として活動し、金正日同志が主導した「五大革命歌劇」においても中心的な役割を占め、『党の真の娘』『密林よ語れ』などの歌劇の挿入曲を多く創作し、1973年には功勲芸術家、1978年には人民芸術家の称号を受け、北朝鮮の音楽界においてとりわけ目立つ存在となった。

1997年、彼は『金正日将軍の歌』の創作を命じられた。作曲家冥利に尽きる、最大の光栄であったことだろう。(いや、どうだろうか。ショスタコーヴィチスターリンに『森の歌』の創作を命じられたとき、重圧のあまりか飲みなれぬ酒を痛飲し泣き暮れていたというから。しかし私はソル・ミョンスンが偉大な将軍様から受けた最大の信頼に対して忠誠と義理とを果たすため、最も崇高な志でこの曲を作ったと信じている。)

同年10月、金正日同志は朝鮮労働党総書記に推戴され、正式に党と国家の首位に立った。よく『金正日将軍の歌』は、金正日同志が総書記に推戴されるとともに発表されたと解説しているものがあるが、これは誤りで実際は前述のとおりそれ以前の発表。

作曲家にとって楽譜を織りなすペン先は、軍人にとっての銃口に等しい。

銃声とともに生まれ、銃声を子守唄として育った領導者である金正日同志の頌歌は、朝鮮人民軍協奏団所属の作曲家のペン先から生み出されたのである。

 

 

・参考

영생불멸의 혁명송가《김정일장군의 노래》의 작곡가 설명순(uriminzokkiri)

 



 2015/05/02 解説を加筆。

2015/12/10 英語版歌詞と訳を掲載