朝鮮音楽の研究

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の音楽・軍歌・歌謡を翻訳。現在100曲収録を目指しています。開設:チュチェ104(2015)年4月23日 ※2016/8/22 コメント欄開放 姉妹サイト:http://www.geocities.jp/totalwar1939/

遊撃隊行進曲(유격대행진곡)

抗日パルチザン

1930年創作。パルチザン隊員らによって歌われた抗日革命音楽のひとつ。

曲は日帝の流行曲「ハイカラ節」からの流用といわれている。

現在でも軍事パレードで頻繁に演奏されるので、お聞きになったことのある方もいるだろう。

 『遊撃隊行進曲』や『朝鮮人民革命軍』を日帝曲のパクリとかいうネトウヨは、とりあえず『蛍の光』を想起すべきだし、日帝軍歌『抜刀隊』がフランス人によって作曲されたことなども付して思い起こすべきだと、ぼかぁ思うよ。

 

友よ準備せよ 武器を手に取り
帝国主義侵略者を撃ち破ろう
進めや 進め さらに勇敢に
億千万回死んでも仇敵を討とう

(リフレイン)
行こう 決戦へ 行こう 遊撃戦へ
武器をしっかり握りしめ
進めや 進め さらに勇敢に
億千万回死んでも仇敵を討とう

 

我らの隊長が射撃命令を下せば
部隊の友のために銃を取る
怒涛の攻勢に末期の声をあげながら
敵軍は崩れ行く
(リフレイン)


気勢を合わせ 勝利の声高らかに
部隊の友の武器を引っ担ぎ
勝利の太鼓に合わせ歌い
肩組み踊りて帰り行く
(リフレイン)


腐った帝国主義の牙城を粉砕し
崩れ去ったところに新たな地所を築き
人民の革命政権を建設して
赤旗掲げ進み行こう
(リフレイン)

 

 


동무들아 준비하라 손에다든 무장
제국주의 침략자를 때려부시고
용진용진 나아가세 용감스럽게
억천만번 죽더라도 원쑤를 치자
(후렴)
나가자 판가리 싸움에 나가자 유격전으로
손에든 무장을 튼튼히 잡고 나갈 때에
용진용진 나아가세 용감스럽게
억천만번 죽더라도 원쑤를 치자

 

우리 대장 사격구령 한번 웨칠 때
전대동무 겨냥총을 받들어 쥐고서
악악소리 웨치면서 몰사격바람에
적의 군사 정신없이 막 쓰러진다
(후렴)

 

기세 맞춰 승리의 함성 드높이
전대동무 무장 뺏아 둘러 메고서
승전고에 걸음 맞춰 노래 부르며
어깨춤을 모두 추며 돌아 오누나
(후렴)

 

썩어 가는 제국주의 뚜드려 부시고
무너진 그 터전에 새터를 닦고
인민의 혁명정권 건설하고서
붉은기를 휘날리며 나아들가자
(후렴)