読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝鮮音楽の研究

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の音楽・軍歌・歌謡を翻訳。現在100曲収録を目指しています。開設:チュチェ104(2015)年4月23日 ※2016/8/22 コメント欄開放 姉妹サイト:http://www.geocities.jp/totalwar1939/

思郷歌(사향가)

f:id:song-of-dprk:20150901215351j:plain



『思郷歌』は北朝鮮の音楽史上でも特に格調高い曲と位置付けられている。
なぜなら、金日成主席がご自分で作られた曲とされており、

しかも過酷な抗日武装闘争時代に故郷の山河を懐かしんでこの曲を歌唱していたといわれ、
北朝鮮の建国神話というべき「抗日パルチザン神話」を彩る重要な曲であり、ラジオ「朝鮮の声」での『世紀とともに』朗読時をはじめ、いろいろな場面で登場する曲だ。
しかし金日成主席ご自身が作った曲というのは、事実に反する。 南朝鮮(韓国)の研究者の間での定説では、この曲は鄭士仁という音楽家が創作した曲である『내 고향을 이별하고(わが故郷を離れて)』という曲がもとになっている。
それが共和国ではいつの間にか『思郷歌』として、金日成主席の創作した歌ということになっている。だがこれは決して故意に改ざんした結果ではないと思う。
金日成主席が長年歌い覚えていたこの歌は、「人間・金日成」から「首領」へと移り変わる絶対化の過程でいつの間にか金日成自身が創作した曲ということになってしまったというのが真相ではないだろうか。 演奏バージョンは無数にあるのだが、今回は金日成主席が自ら歌っている貴重な映像を掲載しておく。


 


わが故郷を離れたとき わが母が
門前で涙し 「立派にお行き」と
言われたその言葉が ああ 耳に響く

家から少し遠くに行くと
小さな小川がさらさらと 幼い弟たちが
遊んだその光景 ああ 目に浮かぶ

美しき大同江 万景台の春
夢にも忘れられぬ懐かしき山河
光復のその日に 戻ってこよう



내 고향을 떠나올 때 나의 어머니
문앞에서 눈물 흘리며 잘 다녀오라
하시던 말씀 아 귀에 쟁쟁해

우리 집에서 멀지 않게 조금 나가면
작은 시내 돌돌 흐르고 어린 동생들
뛰노는 모양 아 눈에 삼삼해
꿈결에도 잊지못할 내 고향이여

대동강물 아름다운 만경대의 봄
꿈결에도 잊을수 없네 그리운 산천
광복의 그날 아 돌아 가리라

 

参考サイト

사향가 - 엔하위키 미러