読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝鮮音楽の研究

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の音楽・軍歌・歌謡を翻訳。現在100曲収録を目指しています。開設:チュチェ104(2015)年4月23日 ※2016/8/22 コメント欄開放 姉妹サイト:http://www.geocities.jp/totalwar1939/

パルコルム(足取り、발걸음)



タッタッタッ 歩み 
我らの金大将の歩み
2月の精気をふりまいて
前へ タッタッタッ
足取り 足取り
力強く歩めば
国中の山河が
喜ぶよ タッタッタッ

タッタッタッ 歩み
我らの金大将の歩み
2月の気概をとどろかせ
前へ タッタッタッ
足取り 足取り
力強く歩めば
全国の人民が
仰ぐよ タッタッタッ

タッタッタッ 歩み
我らの金大将の歩み
2月の偉業を仰いで 
前へ タッタッタッ
足取り 足取り 
もっと高く響き渡れ
輝く未来を
先駆け タッタッタッ



척척척 척척 발걸음
우리 김대장 발걸음
2월의 정기 뿌리며
앞으로 척척척
발걸음 발걸음
힘차게 한 번 구르면
온 나라 강산이
반기며 척척척

척척척 척척 발걸음
우리 김대장 발걸음
2월의 기상 떨치며
앞으로 척척척
발걸음 발걸음
힘차게 한 번 구르면
온 나라 인민이
따라서 척척척

척척척 척척 발걸음
우리 김대장 발걸음
2월의 위업 받들어
앞으로 척척척
발걸음 발걸음
더 높이 울려 퍼져라
찬란한 미래를
앞당겨 척척척



解説。
現在確認されている金正恩第一書記初の頌歌である。
金日成主席初の頌歌『朝鮮の星』や、金正日総書記初の頌歌『代を継ぎ忠誠をつくします』と並び立つ曲。
発表当初から多くの朝鮮国外マスメディアが盛んに取り上げ、後継者「キム・ジョンウン」の存在を強くアピールした。
この曲について、藤本健二は「作曲家リ・ジョンオが1992年1月8日、金正恩第一書記の誕生日に創作した」と証言している。

人民芸術家リ・ジョンオといえば普天堡電子楽団の副団長、ついで団長をつとめた作曲家で、後年には労力英雄称号と金日成賞を受賞するなど朝鮮音楽界で最も評価されている音楽家である。 

そうした人物が金正恩の頌歌を創作したということは、1990年代初頭ですでに金正恩金正日総書記の後継者としての地位を確固たるものにしつつあったことを示すものと考えられるのではないか。

他の兄弟たち、すなわち正男と正哲にこうした歌が作られたという話は現在までのところ聞こえてこない。となれば尚更、他の兄弟たちに比べて金正恩が父から受けた後継者としての信任は強かったものと見るべきではないだろうか。

上記の推論はいささか早計かもしれない。ともかく、作曲家リ・ジョンオが後継者たるべき人物の、それも最初の頌歌の創作を任されるまでに信任されていたという証拠には十分になりえるし、それだけ普天堡電子楽団が朝鮮音楽界に残した功績は大きなものがあったということである。