読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝鮮音楽の研究

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の音楽・軍歌・歌謡を翻訳。現在100曲収録を目指しています。開設:チュチェ104(2015)年4月23日 ※2016/8/22 コメント欄開放 姉妹サイト:http://www.geocities.jp/totalwar1939/

進軍また進軍(진군 또 진군)

戦時歌謡 1950年創作 解説付き

f:id:song-of-dprk:20161011160642j:plain

進軍だ 進軍だ 前へ 進軍また進軍
怨敵米帝を倒し 勇敢に進む
わが祖国を侵した奴ら 許すものか
愛する領土を蹂躙した敵
復讐の銃剣たかく掲げ 撃ち破り進む

進軍だ 進軍だ 前へ 進軍また進軍
南の地を解放しに 疾風のように進む
祖国の統一のために 繁栄のために
この地で怨敵米帝を一掃しよう
首領様の呼びかけに応じ 決死で前に進む



진군이다 진군이다 앞으로 진군 또 진군
원쑤 미제 물리치며 용감하게 나아간다
내 조국 침범한 놈 용서할소냐
사랑하는 이 강토를 짓밟은 원쑤
복수의 총창 높이 들고 무찌르며 나아간다

진격이다 진격이다 앞으로 진격 또 진격
남녘땅을 해방하러 질풍같이 나아간다
조국의 통일위해 번영을 위해
이 땅에서 원쑤미제 쓸어버리자
수령님의 부름심 따라 결사전에 나아간다



解説。
1950年創作の戦時歌謡である。1950年6月25日(南朝鮮ではこの日を「ユギオ」と呼んでいる)に朝鮮戦争が始まったのち、人民軍は早期にソウルを攻略し、南に向けて進み続けた。
しかし米軍が釜山に兵員を輸送しはじめると次第に韓米軍の抵抗は激しさを増し、最終的には釜山前面の戦線で進軍を停止してしまった(釜山橋頭堡)。
その後は米軍の仁川上陸とともに一気に潰走をはじめ、中国人民志願軍の参戦によって窮地を脱するまで金日成と人民軍は苦戦することになる。
この歌はおそらく、朝鮮人民軍が統一を目指して快進撃をしているその時期に作られたものだろう。