朝鮮音楽の研究

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の音楽・軍歌・歌謡を翻訳。現在100曲収録を目指しています。開設:チュチェ104(2015)年4月23日 ※2016/8/22 コメント欄開放 姉妹サイト:http://www.geocities.jp/totalwar1939/

金日成将軍の歌(김일성장군의 노래)

金日成



金日成将軍の歌 歌詞

 

長白山の峰々に 血のにじむ足跡
鴨緑江の流れに 血のにじむ足跡
今日も自由朝鮮の花束のうえに
燦然と照らしてくれる 神聖なる足跡
ああ その名も慕わしい 我らの将軍
ああ その名も輝かしい 金日成将軍

 

満州の荒野の吹雪よ 語るのだ
密林の長き夜よ 告げるのだ
万古のパルチザンが誰なのかを
絶世の愛国者が誰なのかを
ああ その名も慕わしい 我らの将軍
ああ その名も輝かしい 金日成将軍

 

労働者 大衆には 解放の恩人
民主の新朝鮮には 偉大な太陽
二十ヶ条政綱のもとに みなつどい
北朝鮮の津々浦々に春がやってきた
ああ その名も慕わしい 我らの将軍
ああ その名も輝かしい 金日成将軍

 

 

 

朝鮮民主主義人民共和国公式訳) 


長白の山なみ 血に染めて
アムノクの流れを 血に染めて
自由チョソン築くため
戦い来たりしその跡よ
ああ その名も高き 金日成将軍
ああ その名もゆかし 金日成将軍

荒野の吹雪よ 語れかし
密林の長き夜 告げよかし
不滅のパルチザン そは誰ぞ
絶世の英雄 そは誰ぞ
ああ その名も高き 金日成将軍
ああ その名もゆかし 金日成将軍

労働者 大衆の 解放の恩人
民主チョソンの 太陽よ
二十政綱みな集い
津々浦々に春を呼ぶ
ああ その名も高き 金日成将軍
ああ その名もゆかし 金日成将軍

장백산 줄기줄기 피어린 자욱
압록강 굽이굽이 피어린 자욱
오늘도 자유조선 꽃다발우에
력력히 비쳐 주는 거룩한 자욱
아-... 그 이름도 그리운 우리의 장군
아-... 그 이름도 빛나는 김일성장군

만주벌 눈바람아 이야기하라
밀림의 긴긴 밤아 이야기하라
만고의 빨찌산이 누구인가를
절세의 애국자가 누구인가를
아-... 그 이름도 그리운 우리의 장군
아-... 그 이름도 빛나는 김일성장군

로동자대중에겐 해방의 은인
민주의 새 조선엔 위대한 태양
이십개 정강우에 모두다 뭉쳐
북조선 방방곡곡 새봄이 오다
아-... 그 이름도 그리운 우리의 장군
아-... 그 이름도 빛나는 김일성장군

 

 

金日成将軍の歌 英語歌詞(筆者訳)

 

白頭山の 血で染められた峰々
鴨緑江の 血で染められた流れ
自由になった朝鮮の 栄光の花輪
土地々々で神聖な光が輝く
ああ 我らの輝かしく愛しい 親しき将軍
ああ 我らの尊き首領 金日成将軍

 

満州の広き雪原よ 語ってくれ
密林の果てなき 深き夜よ 語ってくれ
不滅のパルチザン戦士とはだれなのか
傑出した愛国者とはだれなのか
ああ 我らの輝かしく愛しい 親しき将軍
ああ 我らの尊き首領 金日成将軍

 

我らの親しき救い主は 労働者の解放者
自由で民主な新朝鮮の偉大な太陽
20ヶ条製綱のもとにみな集って
北朝鮮の津々浦々に 春がやってきた
ああ 我らの輝かしく愛しい 親しき将軍
ああ 我らの尊き首領 金日成将軍

 

Baekdu Mountains roll, stained with blood
Long Yalu River meanders, soaked in blood
Today Free Chosŏn's wreath of glories
Radiates its holy rays around the land
Oh- Our brilliant and beloved General dear
Oh- Our exalted leader General KIM IL-SUNG

Vast snowy fields of Manchuria please tell me
Endless night deep in the Taiga please tell me
Immortal guerilla warrior, who is he?
Outstanding patriot, who is it?
Oh- Our brilliant and beloved General dear
Oh- Our exalted leader General KIM IL-SUNG

Liberator of the working people, our savior dear
The great sun of the new Chosŏn, democratic and free.
For we all rally around the 20 Principles,
Throughout North Korea, spring has come at last
Oh- Our brilliant and beloved General dear
Oh- Our exalted leader General KIM IL-SUNG





国歌『愛国歌』よりも国歌らしい曲『金日成将軍の歌』。この歌に寄せられる賛辞は「永生不滅の革命頌歌」という文言をはじめ数知れない。
朝鮮にはなんと『太陽の歌は永遠なり』という、「『金日成将軍の歌』の歌」まであるほどで、まさに「朝鮮音楽の王」といった趣がある。
さて、こんな有名な曲をわざわざ当サイトで取り上げるのには理由がある。まずはこの曲の生い立ちを説明しよう。
この歌の創作年度について、1947年との情報も見られるのだが、「金日成の虚像 その抗日武装闘争」(自由社)によれば、創作時期は1946年7月が正しいとのことである。
リ・チャンが作詞し、金元均(キム・ウォンギュン)が作曲した。キム・ウォンギュンは『金日成将軍の歌』や『愛国歌』を作曲した功績により、後年には朝鮮音楽界の重鎮となり、
1961年7月27日には功勲芸術家、次いで日時不明ながら人民芸術家、最後は金日成賞まで受賞し、現在でも金元均平壌音楽大学の校名にその名をとどめている。
創作年度の1946年当時、解放後一年をかけて金日成はソウルの朝鮮共産党とは別にソ連主導で設立された北朝鮮地域の共産主義政党「北朝鮮共産党」(のち北朝鮮労働党となり、1949年には北朝鮮地域へと亡命してきた南朝鮮労働党を吸収し現在の朝鮮労働党となる)内部で大きな発言権を得るに至っていた。

朝鮮革命はソ連軍政によって主導された「上からの革命」だった。

ソ連軍政は朝鮮半島北半部に、東欧諸国を共産化した例にならって直接統治ではなく傀儡たる朝鮮人指導者による間接統治を通じて衛星国を樹立し、土地改革や女性解放などの社会主義改革を実施しようと考えた。

そこで白羽の矢を立てられたのが、ソ連で軍事教育を受け、解放最初期の権力闘争を勝ち抜いた金日成だった。

だが金日成満州ソ連抗日活動をしていた期間が長く、朝鮮国内では無名の存在だった。また前述の通り当時の北朝鮮地域はソビエト連邦の軍政下であり、ソ連スターリン書記長を解放の恩人として賛美する動きが強くあった。そこでソ連軍政側も独立後を見据え、金日成スターリンと並ぶ朝鮮解放の英雄であると民衆に強くアッピールする必要に迫られたため、金日成抗日運動とその主導で行われた社会改革を称賛する『金日成将軍の歌』が創作されて勤労大衆に広く普及が図られたのである。

 

しかしながら『金日成将軍の歌』の辿った道は必ずしも平坦なものではなかった。

というのも北朝鮮の歴史を辿ってみれば、建国直後の権力闘争、朝鮮戦争敗戦の責任問題と八月宗派事件、それに中ソ紛争に絡む国内情勢の変遷など金日成の権威・権力を奪いかねない反・金日成の動きも少なからず存在したからである。

だがそうした動きを着実に排除していく過程に比例して『金日成将軍の歌』の地位も上昇していき、金日成独裁体制の確立とともに現在に至るまで「首領形象音楽」の見本であり続けている。

ここで強調しておきたいのは、『金日成将軍の歌』は創作当初の歌詞と現在通用している歌詞とでは微妙な差異があるということである。
創作当初の歌詞と現在の歌詞との具体的な差異としては以下の点が挙げられる。

①現在3番までしかないが、創作当初は4番の歌詞が存在
②創作当初の歌詞の2番、3番は現在と異なっていた

では実際に創作当初の歌詞を見てみよう。以下「カラスよ屍を見て啼くな」(長征社)からの引用 ※ただし「ああその名も高き~」の部分のみ公式訳とした。



① 現在と全く同じ。


満州の荒野の吹雪にも 挫けなかった
密林の長い夜にも 屈しなかった
殉国の堅い一念 その固い一念
ああ その名も高き 金日成将軍
ああ その名もゆかし 金日成将軍

   ③
土地のない農民には 生命の救世主
勤労者 大衆には 解放の恩人
その足 その手が 達するところ
この江山 津々浦々 笑いが咲く
ああ その名も高き 金日成将軍
ああ その名もゆかし 金日成将軍


二十ヶ条政綱の上に 育つ朝鮮
日毎 育って行く 新しい朝鮮
新朝鮮 民主朝鮮 我らの朝鮮
力強く 担う 偉大な柱
ああ その名も高き 金日成将軍
ああ その名もゆかし 金日成将軍



なぜ現行の歌詞へと改変されたのか― 理由はいろいろあるだろうが、やはり時勢に即した形の歌詞にする必要があったのではないだろうか。
時節とともにフレキシブルな変化を遂げた『金日成将軍の歌』にこそ、朝鮮音楽の歴史が凝縮されているように思えてならない。

そして音楽とともに建国の揺籃期を歩んだ北朝鮮は、以後「音楽政治」の国としての道を歩んでいくことにいなる。

 

音源は無数にあるのだが、どれも現行歌詞のものばかりである。

 

参考文献

・カラスよ屍を見て啼くな 朝鮮の人民解放歌謡(長征社、山根俊郎)

朝鮮民主主義人民共和国の神話と現実(コリア評論社)

北朝鮮現代史(岩波現代新書)

金日成の虚像 その抗日武装闘争(自由社

・「ネナラ」の金元均プロフィール



※2015/04/26 解説を微修正。

※2015/12/10 英語訳を掲載