読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝鮮音楽の研究

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の音楽・軍歌・歌謡を翻訳。現在100曲収録を目指しています。開設:チュチェ104(2015)年4月23日 ※2016/8/22 コメント欄開放 姉妹サイト:http://www.geocities.jp/totalwar1939/

朝鮮人民軍歌(조선인민군가)

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/s/song-of-dprk/20150901/20150901221748.jpg 

 

 

朝鮮人民軍歌 歌詞



抗日の輝く伝統を受け継ぎ
鋼鉄のごとく鍛えられた栄光の隊伍
金日成元帥様の赤い戦士として
社会主義のわが祖国を守り戦う
進め 朝鮮人民軍 一当百の勇猛を轟かせ
帝国主義侵略者をすべて撃ち払おう

青春も生命もすべて捧げ
革命に忠実な勝利の隊伍
偉大な首領様が領導される
党中央を命がけで守り戦う
進め 朝鮮人民軍 一当百の勇猛を轟かせ
帝国主義侵略者をすべて撃ち払おう

過ぎし戦いの歩みごとに
勝利に輝く不敗の隊伍
首領様が招くただひとすじで
朝鮮革命を完遂する 
進め 朝鮮人民軍 一当百の勇猛を轟かせ
帝国主義侵略者をすべて撃ち払おう



항일의 빛나는 전통을 이어
강철로 다져진 영광의 대오
김일성원수님의 붉은 전사로
사회주의 내 조국 지켜 싸운다
나가자 조선인민군 일당백 용맹을 떨치며
제국주의침략자 모조리 때려 부시자

청춘도 생명도 모두다 바쳐
혁명에 충직한 승리의 대오
위대한 수령님이 령도하시는
당중앙을 목숨으로 지켜 싸운다
나가자 조선인민군 일당백 용맹을 떨치며
제국주의침략자 모조리 때려 부시자

지나온 싸움의 발걸음마다
승리로 빛나는 불패의 대오
수령님이 부르시는 오직 한길로
조선의 혁명을 완수하리라
나가자 조선인민군 일당백 용맹을 떨치며
제국주의침략자 모조리 때려 부시자

 


解説。
リ・ボムスが作詞、ラ・グク作曲。現在では朝鮮人民軍を代表する軍歌として知られている。 まずは現在の『朝鮮人民軍歌』の前身である『人民軍行進曲』について。

鄭律成は『人民解放軍行進曲(八路軍行進曲)』の作曲者として有名だが、彼がれっきとした朝鮮人であり、朝鮮解放後に祖国の地を踏み軍歌を創作した事実はあまり知られていない。彼は、抗日運動に身を投じた兄が日本帝国主義の弾圧により死亡したことを受け中国にわたることを決意、上海にて抗日運動に身を投じ、マルクスレーニン主義を学んだ。かの地にてロシア人音楽家クリノワと出会ったことは、彼の音楽人生において重要な転機だっただろう。レニングラード音楽舞踊大学出身のクリノワは4年の間、鄭律成に声楽の教育を施した。

この時期、中国大陸侵略を進める日本と積極的に交戦しようとしなかった中国国民党に失望した鄭律成は延安にわたり、中国共産党へと入党する。この地で『八路軍行進曲』を創作し、毛沢東はこの曲を八路軍の公式軍歌とした。             

朝鮮解放後は祖国へと戻り朝鮮人民軍協奏団を設立し、『ドイツ少年戦車兵の歌』を編曲した『人民軍行進曲』を創作した。しかし朝鮮戦争後、この曲は朝鮮国内において歌われなくなってしまったそうだ。

『人民軍行進曲』が歌われなくなった理由と、それに代わる歌の創作が命じられた経緯は、『革命的で大衆向きの歌を多く創作するために』(1966年4月30日、金日成著作集20に収録)につぎのように書かれている。

「人民軍歌を新しくつくらねばなりません。これまでうたわれてきた『人民軍行進曲』は深みがなく、曲がよくありません。それでわたしは、新しい人民軍歌をりっぱにつくるべきだと考えました。

人民軍歌は共和国北半部の社会主義の獲得物をゆるぎなく守り、アメリカ帝国主義侵略者を駆逐して南朝鮮を解放しようという内容で一貫させ、革命的気迫があり、はつらつとしたものでなければなりません。そしてその歌をうたえば、いまにも突進したくなるようなものにしなくてはなりません。

われわれが革命歌謡を好むのはなぜでしょうか?それは、革命歌謡をうたえば、いかなる困難も死も恐れず突進しようという勇気がわいてくるからです。

人民軍歌もそういうものでなくてはなりません。」

ここでは『人民軍行進曲』が歌われなくなった理由について、曲の良し悪しという芸術的な問題だけに限定しているが、実際は北朝鮮国内で延安派(中国共産党系の朝鮮人)を粛清したことが影響しているらしい。

鄭律成は朝鮮戦争中の1951年4月、再び中国へと戻った。

『人民軍行進曲』が前掲の『革命的で大衆向きの歌を多く創作するために』において「深みのない曲」と断定された後、しばらくの間は朝鮮人民軍を代表する歌は存在しなかったが、同時に金日成新たな人民軍歌の創作を命じており、ちょうど1967年の「唯一思想体系」採択と重なる1968年には『朝鮮人民軍歌』が誕生し、朝鮮人民軍の公式軍歌の地位を得るに至った。


 
            

参考文献

・カラスよ屍を見て啼くな(長征社)

・世界軍歌全集(社会評論社

金日成著作集20

 

※2015/09/13 解説を加筆