朝鮮音楽の研究

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の音楽・軍歌・歌謡を翻訳。現在100曲収録を目指しています。開設:チュチェ104(2015)年4月23日 ※2016/8/22 コメント欄開放 姉妹サイト:http://www.geocities.jp/totalwar1939/

戦時歌謡

偵察兵の歌(정찰병의 노래)

1950年創作の戦時歌謡です。普天堡がカバーしました。 そろり そろりと 静かに 静かに闇をかきわけ 道なき道を危険なみちのり 敵の様子をうかがえばやあ わかったぞ 丸見えだあまりに大胆不敵なので我らの部隊長は 感激の握手仇敵の内情をつまびらかにする賢…

塹壕のなかの我が歌(전호속의 나의 노래)

久々に戦時歌謡を。1951年創作『塹壕のなかの我が歌』(作詞:シム・ボンウォン、作曲:キム・オクソン)。 塹壕のなかの我が歌よ 故郷に響け祖国を守ろうと 銃を担いで三年三か月敵弾が飛び交う激しい戦いでも手柄を立てよと仰った 言葉を抱き 戦った手柄を…

泉のほとりで(샘물터에서)

朝鮮戦争期の戦時歌謡にあまり手を付けていなかったので、ぼちぼち。 今回は1952年創作の『泉のほとりで』(チェ・ロサ作詞、ユン・スンジン作曲)です。 戦時歌謡ではありますが、『口笛』などと同様に男女の恋愛を歌った曲です。 泉のほとりで 歌詞 泉のほ…

決戦の途へ(결전의 길로)

1951年創作の戦時歌謡。 苛烈な戦いの あの丘で 血を流した同志を忘れるな 倒れた戦友の恨みを晴らしに 行こう同志よ 殲滅の途へ 万歳 万歳 万歳を高く叫び 仇敵の火点をつぶし 前へ 行こう友よ 決戦の途へ 仇敵の砲口を その身で塞いだ 戦友の死を無駄には…

祖国保衛の歌(조국 보위의 노래)

1950年創作の祖国解放戦争(朝鮮戦争)時の戦時歌謡。解放以前から音楽活動をしていた朝鮮音楽界の重鎮リ・ミョンサンの作曲。 胸に湧き立つ熱血を 祖国に捧げたなら 栄誉の星が頭上に輝く 進め人民軍 勇敢な戦士たちよ 人民の祖国を守ろう 命がけで守ろう …

進軍また進軍(진군 또 진군)

進軍だ 進軍だ 前へ 進軍また進軍怨敵米帝を倒し 勇敢に進む わが祖国を侵した奴ら 許すものか 愛する領土を蹂躙した敵 復讐の銃剣たかく掲げ 撃ち破り進む 進軍だ 進軍だ 前へ 進軍また進軍 南の地を解放しに 疾風のように進む 祖国の統一のために 繁栄のた…

海岸砲兵の歌(해안포병의 노래)

祖国解放戦争(朝鮮戦争)のころに作られた戦時歌謡。 その力強い曲調によって朝鮮軍歌でも有数の名曲となっている。 後年には映画『月尾島』の挿入歌として取り上げられた。 撃て 撃てや 憤怒に満ちた我らの砲 撃て 撃て 今だ撃て 我らの故郷と我らの貴重な…